オリジナル革製品(手帳カバー、ステーショナリー、財布、バッグなど)の製造・販売をお考えの方に・・・

革のアルファベットキーホルダー   革のステーショナリー  革製品ペンケース  カードケース

私たちにできること

取り扱いアイテム

取り扱い素材

生産拠点について

生産ロットについて

納期・価格について

OEM供給について

私たちの会社のこと

Message

CREDO(会社信条)

オリジナルブランド

 i-story(アイストーリー)

会社情報

個人情報保護方針

お問い合わせ

ちょっとしたお話

製造工程のお話

国内生産と海外生産

中国の結婚式

日本の革のお話



当社では、基本的にOEM生産もお受けいたしておりますが

現在、生産が大変混み合っており
お受けできない、
あるいはお受けしても 予定納期をお答えできない状況です。
申しわけございません。




OEM生産の流れ

1.製品企画(机上案)

どのような商品をどのくらいの数量、どれくらいのコストで、いつの納期で生産するかのおおまかに把握することが必要になります。
それ以外でも、どのような流通経路で販売するかなどもわかればスムーズに打ち合わせができると思います。
 
  製品アイテムは決まっているか? 
素材は決まっているか?
コストは決まっているか?
生産数量は決まっているか?
製品仕様は決まっているか?

などの要素がありますが、おおまかな仕様が決まれば、試作に入ります。


2.商品の試作について

 
製品の仕様が決まりましたら、まず、おおまかな見積もりを出させていただき、ご了解が得られた段階で、試作に入ります。

使用する素材が、すぐに入手できる場合は、その素材で、
もし、入手困難な場合(材料をオリジナルにするような場合)は
ご希望の材料を試作するか、または、ご希望の材料に近いもので製品サンプルを作ります。
大体、材料が入手できてから、1週間程度で試作品を作ります。
試作費用は、商品の仕様によって変わってきますので
試作前の打ち合わせの段階でご提示できます。


3.ロゴに関して

  試作段階でお客さまのロゴを入れることも可能です。
その場合は、原稿をいただいて凸版、シルク印刷の場合は刷版を作りますので、版代の費用が発生します。
  通常、革製品に入れる素押し(空押し)、箔押しなどに使う版ですと
  大きさにもよりますが 大体、¥3000-程度です。

4.本生産について

  試作品にご納得いただき、お見積もりにもご納得いただきましたら
  本生産のための納期の詰めにはいり、最終納期の打ち合わせの上資材の発注などに入り、生産となり、出来上がりましたら、
ご指定の納品場所に納入ということになります。


HOME取扱いアイテムについて取扱い素材について生産拠点について生産ロットについて納期・価格についてMessageCREDO(会社信条)オリジナルブランドについて
会社情報個人情報保護方針お問い合わせ製造工程の話国内生産と海外生産中国の結婚式日本の革のお話

copyright(C) 2009 by-step.jp All rights reserved