オリジナル革製品(手帳カバー、ステーショナリー、財布、バッグなど)の製造・販売をお考えの方に・・・

革製品IDカードケース   革の携帯ストラップ   革のステーショナリー   アルファベットキーホルダー 

私たちにできること

取り扱いアイテム

取り扱い素材

生産拠点について

生産ロットについて

納期・価格について

OEM供給について

私たちの会社のこと

Message

CREDO(会社信条)

オリジナルブランド

 i-story(アイストーリー)

会社情報

個人情報保護方針

お問い合わせ

ちょっとしたお話

製造工程のお話

国内生産と海外生産

中国の結婚式

日本の革のお話



ここでは、革製品の製造について、
国内生産と海外生産の違いについて 書いてみました。

長年にわたり、ステーショナリー、革小物、財布などを製造してきて
私たちが感じたこと、体験したことに基づいています。

---国内生産と海外生産の違いについて ---

一般的には、made in japan のほうが、 made in china より、品質に関していえば優れていると思われています。
ただ、私たちが扱う革製品のうち革小物(財布など)に関してはそうとも言えないのではと感じています。

確かに資材(材料や付属の金具等)に関しては日本製のほうがはるかに優れていると思いますが、 加工品質に関してはそうとも限りません。

車や電気製品と違って、機械で作る工程がほとんどありません。
日本製が優秀なのは、加工機械を作る技術がすぐれているからであって、一から十まで、手作りになってしまうような製品では全く、条件が異なってきます。

お客様の中には、財布もある程度、機械が作っていると言うイメージを持たれている方もありますが、作る現場を見ていただき、説明させていただくと、なるほどと納得していただけます。

日本の場合、革小物の製造はほとんど職人さんまかせになります。
私たちは材料を裁断し縫製できるように部品を加工して組立て・縫製を職人さんに預けます。
職人さんは各家庭で夫婦2人でやってる場合が多いのですが、出来上がるまでの途中の工程をチェックしずらい状況にあります。
また、各職人さんによって微妙に組み立て方、ミシンの種類も違います。ということは、職人さんによって品質がまちまちになってしまいます。

腕のいい職人さんと、下手な職人さんとでは品質に大きな差が生じます。

たとえば、新製品導入の際には、Aという職人さんによって作られた製品が店頭で売れ出すと、Aさんだけでは間に合わず、Bさんにも作ってもらうことになります。
すると同じ製品でもAさんがつくったものと、Bさんが作ったものの品質が大きく変わる場合があったりします。

また組立て縫製を一軒で行いますので、生産量が限られてきます。
売れても商品の供給が追いつかない状況がでてきます。

オーダーメイドなんかの場合なら問題は起こりませんが、小売店さんとの取引においては、売り場からスペースがなくなったり、、取引停止に追い込まれたり、種々の問題が発生してしまいます。

中国工場の場合ですと、
多くの人間が同じ工場で加工をしていますので、各工程での管理もできますし、
一人の人は、一日中糊付け工程だけ、一人の人はミシンで部分縫いだけ、という具合に、 毎日同じ作業の繰り返しになり、習熟度もあがり増産体制もすぐにできあがり、なおかつ品質が安定してきます。

というわけで、一概に made in japan のほうが、made in chinaよりいいものが出来上がるというわけではないと思っています。

ある程度の数量を生産するのであれば中国生産のほうが、品質は安定するという考え方も成り立つと思います。

ただ、私たちが最近思うことは、画一的な品質の面だけをとらえるのではなく、商品が出来上がったときの、いわゆる”味”が日本製には独特のものがあるような気がします。作っている場所の空気であったり、水であったり、人の和であったり・・・。そんなマニュアルに出てこない部分というものが使う人にも伝わったりするのではないのでしょうか。

HOME取扱いアイテムについて取扱い素材について生産拠点について生産ロットについて納期・価格についてMessageCREDO(会社信条)オリジナルブランドについて
会社情報個人情報保護方針お問い合わせ製造工程の話国内生産と海外生産中国の結婚式日本の革のお話

copyright(C) 2009 by-step.jp All rights reserved